drop

f0009523_2253446.jpg
雨かな、と思って
手のひらを空に広げたら

ちいさな雪の粒が
するりと落ちてきました。

薄い水色の空の色と
白い雪の色が混ざって
きらきらして
とてもきれいでした。

 *
    *
         
 *
     
       *

   *

病気の治療や手術には、必ずリスクがあり、患者の家族は同意書にサインを求められます。

その際の医師からの説明は、
パーセンテージなど数字の話だったり、悪化した場合どのような状態になっていくか、
などの話しかしないことが当然だと思っていました。

だけど、今の担当の先生は、
「リスクはあるけれど、そうならないよう慎重にがんばりますからね、大丈夫。」
「元気にしてあげたい。」
そう言ってくれたんです。

過酷な現場で十分な休みも取れずに働く医師にとって、
前向きな言葉を発するのは、非常に重いプレッシャーになることだと思います。

だからこそ、そんな言葉は患者や家族にとって、大きな大きなパワーを与えてくれます。

なんて言ったらいいか分からないけれど、
医療って、命を助けるというより、「人を生かす」仕事なんだろうなって思いました。


私も、やりたいことができない環境だからって、諦めてしまうんじゃなくて、
やっていける方法を探してトライしてみないといけないんだなって思います。

私たちは一人で生きてるんじゃなくて、生かされているんですね。きっと。
[PR]
by coume_usagi | 2007-03-12 22:16