手巻き時計

f0009523_21502848.jpg

病院では携帯の電源を切っているため、
(↑上記の理由で携帯が繋がらないときが
あります。ご了承ください。)
時間が分からないときがよくあるので、

腕時計をいろいろと探していたところ、
またもや押入れから
ステキなものを発見しました。

33年前のseikoの手巻き時計です。
結婚当初に父が母に贈ったものらしいのですが、母はすっかりそのことを忘れていて、父はちょっと拗ねていました。

写真下側の銀色の華奢なジュエリーウォッチ。
(上のほうは5年前に買ったロシアの手巻き時計です)
私には少し大きいのですが、年代もので金属が脆くなっているため、縮めることができない、
と時計屋さんに断られました。
くるくるまわってしまいますが、まぁ仕方ない。

シンプルで凹凸も少ないため、仕事中もつけていられます。
新しい私の相棒になりそうです。


こんな風に、よく母の持ち物を発掘して、貰ったり、
色んな方から、色んなスバラシイものを戴いたりして、
(手作りのものを人にあげるのが好きなので、そのお返しにステキな雑貨やアクセサリーや本などなどを戴いたりします*)
それが、とっても私の好みにぴったりなので、本当に嬉しくなってしまいます。

あと、身の回りのものは自分で作り、、本なども図書館を利用したりしているので、
お金を使うこともあまり無いのです。
無意識にシンプルライフを送っていたようですね*ええこっちゃ!


そして、今日はご紹介したいサイトがあります。
お友達の凪倫花さんたちが立ち上げられたプロジェクト「コトノハプラン」

-「物語」という贈り物-

今までの人生を振り返り、「小説」という形で思い出を言葉で残す・・・
記憶の中の思い出はいつか薄れていきますものね。

これからご結婚をされる皆様にはぜひ見ていただきたいサイトです。


現在、オーダーをストップさせていただいておりますが、
ご質問や予約などはお気軽にメールください。

Coume
[PR]
by coume_usagi | 2007-01-19 19:22 | 日々のこと